オーストラリアの移民政策を紹介・故郷の料理の調理実習

7月16日(土)9:30~13:00 一宮市役所尾西庁舎の会議室と料理室を使い。オーストラリアからの国際交流員ラウプイキさんのオーストラリアの移民政策について講義を受けました。

オーストラリアは国民の25%が移民です。昔は移民として入り易かったのですが、現在は少しづつ難しくなつているようです。ただ条件をクリアー出来れば可能です。家族が国内にいる。求められるスキルがある。投資を行える。難民である。などなど。 そんな話がされたあと隣の料理室に移り プイキさんの出身地の香港の料理に挑戦です。4品の料理を短時間に指導して頂き1時間ほどで作り上げました。
a0129490_0121870.jpg


a0129490_012556.jpg

牛肉とブロッコリーの炒め物・レタス湯通しオイスターソースかけ
ジャガイモとトマトとタマネギと豚肉の塩味スープ
トウチとガーリック豚バラ肉蒸し
そしてライス で昼食です。
[PR]

by kokusai-kouryuu-i | 2011-07-22 00:03 | 一宮市国際交流協会の行事 | Comments(0)  

<< 新しい国際交流員が着任 日本語ひろばびさい の 小さな交流会 >>